既存戸建て・マンションのインスペクション

業務の流れ


弊社では、お客様が短期間で手続きが進められる中古住宅売買時の流れの中で容易に利用できるインスペクション(住宅診断)を実施しております。

国土交通省から示された「既存住宅インスペクション・ガイドライン」に基づき、中古住宅売買時の利用を前提とした目視等を中心とする基礎的なインスペクション(住宅診断)である既存住宅の現況検査について、適正な業務実施を通じて消費者等の信頼の確保と円滑な普及を図ることとしています。

最初に流れをご説明致します。


@お申込み
ホームページからのお申込みからになります。
お名前、ご住所、ご連絡先などご記入の上、下記からお申込みいただけます。お申込みのご確認次第にこちらからご連絡させていただきます。
  • 無料相談は、こちらにて承ります。TEL 03-3787-8788 FAX 03-3787-8754

A業務受託時の契約内容等に関する説明
説明事項
契約をするに当たり必要な事項をPDFにて送付いたします。

B契約
弊社とご契約いたします。

Cインスペクション(住宅診断)実施
お問い合わせ時にご記入していただいた日時にインスペクション(住宅診断)を実施いたします。

Dお客様からインスペクション(住宅診断)料金のお支払い
インスペクション(住宅診断)を実施した報告書を作成し

Dご報告書の作成
インスペクション(住宅診断)を実施した報告書を作成いたします。

Eお客様へPDFにてご報告書を送信いたします。
お客様からインスペクション(住宅診断)料金のお支払いが完了してからのご報告書を送るようになります。書面にての送付は、別途3,240円(税込)掛かります。

F業務完了
上記の内容が完了しましたら、業務終了となります。インスペクション(住宅診断)を実施してからご報告書を提出するまでに5日以内までに完了いたします。


業務の内容と料金


@既存住宅(標準)64,800円(税込)報告書、交通費込
(東京都23区内は交通費込。東京都23区以外、関東地方は1,000〜3,000円交通費が別途掛かります。詳細はお問い合わせにてお願い致します。
検査項目:
基礎、外壁・軒裏、屋根、バルコニー、天井・小屋裏・梁、内壁・柱、床、土台・床組、設備配管
基本的に目視による検査となります。
但し、小屋裏及び床下の詳細な調査は、オプションとなります。点検口から除き、目視する範囲内においての調査となります。
劣化状況:
@基礎(幅0.5o以上のひび割れ、深さ20o以上の欠損、コンクリートの著しい劣化、錆び汁をともなうひび割れ・欠損、鉄筋の露出)
A外壁・軒裏(ひび割れの状況、仕上げ材の著しい浮き、シーリング材や防水層の破断または欠損、建具廻りの隙間や破損・開閉不良、建具廻りのシーリング不良、他)
B屋根(屋根葺き材の著しい破損・ずれ・ひび割れ・劣化・欠損・浮き・剥がれ、他)
     Cバルコニー(支持部材、床の著しいぐらつき・ひび割れまたは劣化、防水層の著しい劣化・水切り金物等の不具合)
     D天井・小屋組・梁(ひび割れ・欠損・浮き・はらみ・剥落、小屋組・梁の著しいひび割れ・劣化または欠損、梁の著しいたわみ、天井・小屋組の雨漏りの跡)
     E内壁・柱(ひび割れ・欠損・浮き・はらみ・剥落、6/1000以上の勾配の傾斜、柱の著しいひび割れまたは欠損、雨漏りの跡)
     F床(著しいひび割れ・劣化・欠損、著しい沈み、6/1000以上の勾配傾斜)
     G土台・床組(著しいひび割れ・劣化または欠損)
     H設備配管(錆による赤水・漏水、換気ダクトの脱落、他)
     I全部位共通(著しい蟻害、著しい腐朽・腐食)

オプション
@屋根等に足場を組んで行う検査(別途お見積り必要)
A塀・門・擁壁等の検査(別途お見積り必要)
B点検口から進入して小屋裏の検査(32,400円税込)
C点検口から進入して床下の検査(32,400円税込)
D非破壊検査機器を用いた検査
 鉄筋の本数及び検査(10,800円税込)
コンクリートの圧縮強度(21,600円税込)
E耐震診断(一般診断法)(54,000円税込)図面・報告書作成込
※通常の耐震診断の費用とは異なりますので、通常の耐震診断のみご希望の場合はご相談ください。別途お見積りが必要です。
Fその他、検査が必要な場合は別途費用が掛かりますので、ご相談ください。

A既存マンション(標準)43,200円(税込)報告書、交通費込
(東京都23区内は交通費込。東京都23区以外、関東地方は1,000〜3,000円交通費が別途掛かります。詳細はお問い合わせにてお願い致します。
検査項目:
外壁、バルコニー、天井、梁、内壁、設備配管
基本的に目視による検査となります。また、専有部のみの調査となります。但し、バルコニーは除く。
点検口からの調査は、点検口から除き、目視する範囲内においての調査となります。その他必要な検査が生じる場合は別途費用が掛かります。
劣化状況:
@外壁(ひび割れの状況、仕上げ材の著しい浮き、シーリング材や防水層の破断または欠損、建具廻りの隙間や破損・開閉不良、建具廻りのシーリング不良、他)
Aバルコニー(支持部材、床の著しいぐらつき・ひび割れまたは劣化、防水層の著しい劣化・水切り金物等の不具合)
     B天井・梁(ひび割れ・欠損・浮き・はらみ・剥落、梁の著しいひび割れ・劣化または欠損、梁の著しいたわみ、天井の雨漏りの跡)
     C内壁・柱(ひび割れ・欠損・浮き・はらみ・剥落、6/1000以上の勾配の傾斜、柱の著しいひび割れまたは欠損、雨漏りの跡)
     D床(著しいひび割れ・劣化・欠損、著しい沈み、6/1000以上の勾配傾斜)
     E設備配管(錆による赤水・漏水、換気ダクトの脱落、他)
    

検査を行うにあたって

弊社は、一級建築士 1名で行っております。また、既存住宅現況検査技術者を取得しています。基本的には、外部委託を行って業務を行ったりはいたしませんが、状況に応じて当該外部委託をする場合もあります。その場合には、あらかじめ依頼者様にご承諾をいただいた上で委託するようになります。

その他業務として

弊社では、引き渡し後のご入居前・後のリフォーム工事も承っております。お気軽にご相談ください。

検査業務に関して

検査業務を実施するにあたり、住宅所有者様の承諾が必要となりますので、必ず住宅所有者様にご承諾をお願い致します。
住宅の状況によって検査を実施できない可能性があります。(例:床下に配管が入り組んでおり、床下が見れない。など)

検査結果に関して

本検査業務は、瑕疵の有無や関係法令への適合性を判定するものではありません。
時間経過による変化がないことを保証するものではありません。
報告書のお取り扱い(第三者の利用等)には十分に注意いたします。

新着情報

MENU

対応エリア

東京都(大田区・世田谷区・品川区・中野区・新宿区・豊島区・その他23区、国分寺市・武野市など)・神奈川県(川崎市・横浜市など)千葉県(浦安市・市川市・我孫子市・成田市など)・その他関東圏内