耐震診断・耐震補強設計・耐震改修工事

木造住宅耐震診断

大田区の耐震診断の助成金制度が変わりました。
首都直下型の地震がいつくるか分かりません。地震対策の一つとして是非耐震診断を行うことをお勧め致します。
大田区耐震助成制度を活用しましょう
耐震助成制度とは、大田区内の住宅の耐震化率を平成27年度までに90%以上にすることを 目標とし、地震に強い安全なまちづくりを目指して耐震化に取り組むため昭和56年5月31日以前 (現行の耐震基準が導入される以前)に建築された建物の耐震化費用の一部を助成します。 耐震助成制度を利用した耐震診断に取り組みやすくするため、木造住宅耐震診断定額化を開始し 大田区登録木造耐震診断士のもと耐震診断を行うことができます。 耐震診断について大田区登録木造診断士を選んだ場合耐震診断費用が定額となり 下記の助成金額が適用されます。

木造住宅耐震診断のお客様自己負担額                   

延べ面積(u) 定額費用税込 助成額 自己負担額
80u未満 125,000円 100,000円 25,000円
80〜160u未満 150,000円 120,000円 30,000円
160u以上 175,0000円 140,000円 35,000円

本サイトでは、木造住宅のみの説明になります。

震度6強・7程度の地震がいつ来るか分からない日本でありますが、地震対策の一つとして耐震診 断から耐震補強工事まで、安心して建物も倒壊せず避難ができるようにサポートさせていただきます。

耐震診断とは

耐震診断とは、建物がその耐用年数の間に数度遭遇する程度の地震では機能保持すること、一 度遭遇するかもしれない大地震では崩壊からの人命の保護を図ることを(簡単に表すと、中地震で は損傷しないこと、大地震では倒壊・崩壊しないこと但し、大地震において損傷はする可能性はあ ります。)目的としていて、耐震診断は(財)日本建築防災協会発行 木造住宅の耐震診断と補 強方法(改訂版)、耐震補強工事は同財団発行 木造住宅の耐震補強の実務に基づいて行います。

耐震診断の計算方法

建物には、壁1枚1枚に耐力がありますが、その1枚1枚の耐力の合計(ここでは保有耐力といいま す。)と床面積に対して、地震力が加わったときにどれくらいの耐力が必要か(ここでは必要耐力とい います。)の割合によって算定します。
保有耐力/必要耐力<1.0もしくは保有耐力/必要耐力≧1.0(1.0は基準評点です。)
【耐震診断の評点1.0】
耐震診断の評価は、震度6強や7程度の地震が来ても倒壊しないことを基準としています。(建築 基準法で定める水準)但し、損傷はする可能性はありますのでご注意ください。


対応地域・助成金の申請代行

対応地域
東京都(大田区・世田谷区・品川区・中野区・新宿区・豊島区・その他23区、国分寺市・武蔵野 市など)・神奈川県(川崎市・横浜市など)千葉県(浦安市・市川市・我孫子市・成田市など)・その 他関東圏内

詳しくは、当事務所にお問い合わせくささい。


助成金の申請代行
各自治体の助成金の申請手続きの代行も行います。
(申請手続き代行地域:東京都の一部、千葉県の一部のみ)
詳しくは、各自治体・当事務所にお問い合わせください。



木造住宅耐震診断の流れ


  誰でもできるわが家の
耐震診断
誰でもできるわが家の
耐震診断PDF
一般耐震診断せずに
 専門家の診断するか
一般耐震診断から
 一般耐震診断
 補強の必要性あり
 精密診断  精密診断
 補強の必要性あり  補強の必要性あり
 補強設計  補強設計  補強設計
 補強後の耐震診断  補強後の耐震診断  補強後の耐震診断
補強工事  補強工事  補強工事


耐震診断

本診断は、住宅に必要とされる耐力と住宅が実際に保有している耐力との比較で行います。必要耐力は想定する地震動と住宅の仕様と形状により算定し、保有耐力は床の仕様や接合方法などを考慮した耐力要素(耐力壁、耐力が期待できる無開口壁、垂壁、柱等)の耐力の和で評価します。本診断は原則、大地震動での倒壊の可能性について実施します。倒壊の可能性の有無は、建築基準法で求める水準により判断します。

耐震診断の確認項目
外壁のひび割れ、基礎のひび割れ、室内壁のひび割れ、内外壁の仕上げ材及び下地材、小屋裏、天井裏、継ぎ手の接合部、筋交いの位置、構造材(柱及び梁)の状態、床下内の基礎及び土台の状態、屋根の劣化状況の確認を行い、元の図面があれば(無くても可)図面と照合し適正壁量を計算し、評点をコンピューターにて解析し、算出して診断書を作成致します。

既存筋交いの確認 小屋裏の接合金物の確認
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,既存筋交いの確認 東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,小屋裏の接合金物の確認
床下の基礎や土台の劣化状況の確認 シロアリの被害状況の確認
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,床下の基礎や土台の劣化状況の確認 東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,シロアリの被害状況の確認
シロアリ蟻道の確認  
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,シロアリ蟻道の確認  


当事務所では、耐震診断報告書と合わせて、補強計画案及び概算見積書(費用の目安となる為)を提出します。

現況耐震診断報告書 現況耐震診断報告書(計算書)
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,現況耐震診断報告書 東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,現況耐震診断報告書(計算書)
補強後耐震診断報告書 補強後耐震診断報告書(計算書)
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,補強後耐震診断報告書 東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,補強後耐震診断報告書(計算書)



耐震補強設計

耐震診断結果に基づき、補強する箇所の適正な位置を検討し、お客様のご負担が少なくなるような補強計画をします。

東京都は大地震から都民を守る為、安価で信頼できる耐震改修工法に「ダイライト耐震かべ(かべ大将)」を選びました。住む人の安全と財産を守る「ダイライト耐震かべ(かべ大将)」は(財)日本建築防災協会の住宅等防災技術評価 評価番号DPA−住技−5−1を取得し、私たちは技術講習を取得しています。

当事務所では、下記の耐震改修工法技術講習を修了しています。

ダイライト耐震かべ(かべ大将)、ガーディアンウォール工法、タイガーグラスロック耐震壁、ARS(アラミド繊維シート補強)工法、Aダンパー制震工法、GHハイブリッド制震工法、J−耐震開口フレーム、ガンコモン、耐震セフティ工法、かべつよし、SRF工法(包帯補強)

その他、設計見積書も作成し、工事に必要な概算見積(詳細な)の作成を行います。又、省エネや環境対策、エコ建材を取り入れたプランニングを作成致します。


補強設計 平面図 補強設計 詳細図
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,補強設計 平面図 東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,補強設計 詳細図



耐震補強工事(工事監理)

工務店の見積チェックや工事開始後、設計図と現場の照合・お客様に工事の進捗状況など行います。又、当事務所では補強工事中にシロアリの被害箇所を発見した場合、劣化部材の交換はもちろん、その周辺の部材にも防蟻処理(天然防腐剤)を散布します。天然防腐剤を散布しますので、体に害のない薬剤ですので安心してご利用できます。

補強事例

天然防腐剤
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,天然防腐剤  
かべ大将 補強前 かべ大将 補強
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,かべ大将 補強前 東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,かべ大将 補強
かべ大将 補強後 アラミド繊維による柱脚の補強
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,かべ大将 補強後 東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,アラミド繊維による柱脚の補強
後施工金物による梁の補強 ガーディアンブレースによる補強
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,後施工金物による梁の補強  東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,ガーディアンブレースによる補強
地盤の補強 基礎の補強
東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,地盤の補強 東京都,大田区,木造住宅耐震診断,耐震改修工事,戸建てでリフォームと合わせた耐震リフォーム,基礎の補強



Adobe READERのダウンロード
  • PDFを見るためには Adobe Acrobat Reader が必要です。
  • Acrobat Reader は、こちらからダウンロードしてください。
  • ダウンロードしてパソコンに取り込んだファイルをダブルクリックすると、 インストールを開始することができます。
  • ホームページブラウザで、PDFがうまく表示できない場合は、ブラウザの「戻る」ボタンを押したあと、 再度「進む」ボタンを押してみてください。



耐震診断料金


木造(延べ面積u)現地調査・耐震診断・補強計画案(簡易)・概算見積(1箇所当りの金額)を含みます。
延べ面積(u) 金額(税別)
50u未満 70,000円
50〜80u未満 85,000円
80〜100u未満 100,000円
100〜120u未満 115,000円
120〜150u未満 130,000円
150〜180u未満 145,000円
180〜210u未満 160,000円
210u以上 一律200,000円


耐震補強設計料金


木造(延べ面積u)但し、補強箇所数が少ない場合(1〜5箇所程度)は料金の減額があります。
延べ面積(u) 金額(税別)
50u未満 180,000円
50〜80u未満 200,000円
80〜100u未満 220,000円
100〜120u未満 240,000円
120〜150u未満 260,000円
150〜180u未満 280,000円
180〜210u未満 300,000円
210u以上 一律350,000円


耐震補強工事監理料金


弊社は、設計施工で行いますので基本的に工事監理料は現場管理費に含まれますので、費用は掛かりません。但し、 工事は、別の業者様で行う場合は別途費用が掛かります。料金は、耐震補強設計と同額となります。

新着情報

MENU

対応エリア

東京都(大田区・世田谷区・品川区・中野区・新宿区・豊島区・その他23区、国分寺市・武野市など)・神奈川県(川崎市・横浜市など)千葉県(浦安市・市川市・我孫子市・成田市など)・その他関東圏内